眩しいほどの恋してる

自担を甘やかすだけのブログ

赤い薔薇に誓う

お久しぶりです。先日、Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 ~STAGE がオーラスを迎えましたね!!!!

 

今日はそんなコンサートの感想です。感情のままに書き殴ってるから脈絡ないかもしれないっす(笑)

 

 

 

一言で言うと、最高だったよね

 

 

去年のツアーでSexy Zoneは5人体制に戻って、シングルもちゃんと5人で出せるようになって、それぞれにちゃんとソロ曲が出来て…ってようやくスタートラインに立てたんじゃないかって思いながら初日を迎えた。

 

いい意味でSexy Zoneらしくない!!!

 

ってのが初日の感想で。私が知ってるSexy Zoneのコンサートじゃなかった。私が知ってるSexy ZoneのコンサートはJrがワラワラいて、序盤からお手振りファンサタイムになっちゃって、メンバーがJrの中に紛れちゃう。そんなコンサートだったから。

 外周もなく、センステもない。攻めた構成だなって思った。どうやって魅せるんだろうって、ドキドキしてワクワクして、、ちょっぴり不安だった。

 

でもそんな不安すぐに吹き飛ぶくらい最初から最後までずっと楽しかった。

5人のダンスや歌を存分に楽しめて、センステも外周もないけどSexy Zoneがずっと傍にいると感じられたから。1分1秒飽きさせない、スキのない構成だと思った。

 

今回の骨組みを作った菊池風磨は天才だなと。

 

彼のソロコンを見た時にこれをグループに還元してくれたらほんとにいいものになるだろうし、彼がいるSexy Zoneは安泰だなあって思ったんだけど、ほんとにその通りだった。

 

しかも、ジャニヲタな菊池くんはヲタク心わかってらっしゃるんですよね!!!!!!!

 

KAT-TUNみのあるレーザーとか、NEWSを彷彿とさせる衣装とか、エイトとのクオリティーの差を見せつけた女装とか…

 

YOU&J育ちの心をくすぐるやつー!!!!!! (結局そこ)

 

Sexy Zoneって結構みんなジャニーズも含めいろんなライブとかに見学に行ってる印象で。そういう自分たちが見たものを存分に吸収して発揮してるんだなあってめっちゃ成長を感じた。

 

セトリにしても昔の曲をちゃんとやってみたり、シングル曲ばっかりじゃなくてアルバム曲もカップリングもまんべんなく入れてみたり、なによりそれぞれの過去のソロとかユニット曲を5人でやってみるとことかほんとに菊池風磨は天才だなと(2回目)

ほんとにほんとにすっごい考えたんだろうなあってセトリだけで風磨の覚悟とか愛を感じた。

 

MCタイムはほんとに変わったなあって思った。デビューしてすぐのMCは下3人の日本語がままならすぎて喋る度にハラハラして。でも今回ほんとに喋るのが上手になったねえって(;;)あの健人くんがずっと聞き役に回ってるんだもん…。それだけ任せられるって思えるようになったってことですよ。

あと!風磨くんが各メンバーの宣伝事の後に、個人仕事のない聡ちゃんに『松島の宣伝は?』って聞くの。最初に聞いた時はわざわざ酷いこと聞くなあって思ってたんだけど、それに対して聡ちゃんがちゃんと面白く返すんだよね。面白く返してくれるだろうと思って振ってるんだろうし、聡ちゃんもお仕事ないって落ち込まずに笑いに変えられるようになったのはこれまた成長だよなあって。あとこれは深読みかもしれないけど、そうやって松島は仕事ないんですください!っていう遠回しのアピールなのかもしれないなあと。すかさず健人くんが来年にはアンジェリーナジョリーと共演するからとか言ってしっかりフォローするふまけん芸。

 

さらに、初の全員のソロ曲披露がありました。それぞれの持ち味を活かしてステージを自分色に染めているところに感動した。会場がこんなに綺麗に緑とオレンジに染まるんだなあって。その景色を見せられる未来が来てよかった。

 

 

 

そして今回何が1番感動したかって挨拶ね。こんなにちゃんと生の声が聞けたのは初めてだった。

 

健人くんは常に前向きな言葉で真っ直ぐに愛を伝えてくれる。初日の『Sexy時代を作る』って言葉が刺さりまくって。健人くんが言うならほんとにそういう時代が来るんじゃないかな。

 

あと、中島健人天才だなって思ったのが

『厳しい現実が僕達の夢を壊した。けど、今度はもっと大きな夢がその厳しい現実を壊してもいいんじゃないかな』って言葉。

健人くんってほんとにちょっとの工夫で物事を素敵に魅せる天才だなと。

 

『心の底から笑えたり』

3人体制になった時も常に前を向いて、誰よりも笑顔でいた健人くん。それが反感を買うこともあって。そんな彼もその状況に心を痛めていたのを今回のツアーの挨拶でやっと教えてくれた。健人くんって辛いことをリアルタイムでは絶対に表に出さないんだなあって。ファンが気づくのって全て解決した後なんだなあって思った。

 

『もう、俺達はみんなを離すことはないと思います。いや、絶対離しません。約束します』

言い方も含めて美恋のシゲアキの

『もう(脱退は)ねえから』にすごい似てて勝手に拗らせた…。し、健人くんが言うと本当にそうな気がしてくる不思議。

 

 

『Make a wish Make Sexy Make Happy』

これはめちゃくちゃミッキーっぽいなと思って気に入ってる(急に感想が雑)

 

そしてエモさの伝道師菊池風磨ですよ。もうなんなら今回のツアーのMVPみたいなところある。風磨の言葉を聞いて、風磨がSexy Zoneを背負っていく覚悟を決めたんだなって思った。

 

『もしかしたら10周年に向けて何かあるかもしれない。それが悲しいことなのかそれとも楽しいことなのか…何があっても俺ら5人で絶対乗り越えるから。』

やたらこれからの“辛いこと“にスポット当てて喋るからめちゃくちゃざわついた。けど最後にずっと聞きたかった『5人で乗り越える』って言葉を聞けてほんとに嬉しかった。

 

『一人も欠けちゃダメなんだよ、松島もマリウスも勝利だって中島だって』

もう言わずもがなっすよ。ほんとに、それな!!!すぎた。

 

 

『俺Sexy Zoneじゃなかったら今こうやってステージに立ててないかもしれない。だから、みんなもメンバーもスタッフも、俺をここに連れてきてくれてありがとう』

健人くんがソロコンの時に『好きになってくれてありがとう』って言ってくれて。それと通ずるものがあってめっちゃ泣いた。なんでシンメ揃ってこんなに心が優しいの?勝手に好きになって勝手に離れていくファンにそんな感謝を言ってくれるメンバーが大好きだと思った。こちらこそ、Sexy Zoneでいてくれて、Sexy Zoneを大好きになってくれてありがとう。

 

 

風磨に限らず5人が5人とも、『メンバー5人でいること』の大切さに気づいたんだって思ったのと同時に、それがこの5周年で気づけたのは大きな財産だと思って。

私は脱退を経験したグループを応援していた。正直その時に聞いたような言葉を今回聞くことが多かった。

 先輩たちが「メンバーの脱退」という大きな傷を負って気づけたものを、Sexy Zoneは(言い方は悪いけど)最悪の形を回避して最小限の傷で気づけたのはこれからの大きな糧になるんじゃないかなって。

約束とかもう裏切らないとか死ぬまで一緒とかもうそれNEWS兄さんが4人になった時言ってたやつなんですー!!!って個人的には泣いた。

 

 

ツアーの最後に歌う「STAGE」がまた最高なんですよ!!!!!!私が何度聞いても泣いてしまったポイントが2箇所。

 

『「いつか、いつか」少年の夢がひとつ ふたつ 合わさってく 今は5つ 色を灯す』

Sexy Zoneってメンバーの4/5が自ら履歴書送って事務所に入所してるじゃないですか。最初からこうなりたい、こうしたいっていう明確な夢を持った少年たちだったんだよね。そんなバラバラだった夢が5つに重なった光るんだよ?そんなの泣くわ号泣だわ。

 

『「最低、最低」聞こえた夜 拳握って叩きつけた』

『 今はその手空っぽにしていつだってマイク握るよ大声で奏でよう 』

ここの何が上手いって、拳握って叩きつけるのは風磨くんで、手を広げてマイクを握るのは健人くんなところ。グループの中で盾になって守る風磨くんと、誰よりも前向きに引っ張る健人くんって構図がこのパートに集約されている気がして涙が止まらなかった。

 

 

そしてアンコールでまさかのデビュー時の衣装着てくるんだぜ!!!!!!!!!!こりゃあSexy Zoneさんよお!!!粋すぎやしませんか!?!?!?!?!?

 

 

そしてオーラス。

この日はサプライズでスタッフさんがファンに薔薇の花を配ってくれたんですね。そしてアンコールのSexy Zoneで出したの。みんなが薔薇持ってるって気づいた時の勝利の顔がほんっっっっとに心の底から嬉しそうでその笑顔見た時に、勝利が幸せそうでよかったよ!!って強く思ったんだよね不思議なことに。

絶対板挟みでしんどかったよね。個人的にも辛いことあったのに耐えてたもんね。この5年間誰よりも5人にこだわってたのは勝利だったよねって突然の勝利くん(;;)モードだった。Sexy Zoneのセンターが勝利でよかったって思った。

 

 

私はゴリゴリの自担至上主義だから、健人くんが悲しい思いをしてほしくない、何かあった時に健人くんに謝らせたくない、健人くんはいるから3人の作品も受け入れる、健人くんが5人で幸せだと言うなら5人でいてほしい、割とそう思ってたんですよ。

 

でも、今回のツアーで5人それぞれの覚悟とか笑顔とか空気感とか感じて、自担の事を抜きにして純粋にずっと5人でいて欲しいって思ったツアーだった。これからも5人で頂上を目指してほしいと思った。

 

冠番組中にメンバーのCMが流れるとか、

ドームのペンライトの海見せてあげたいとか、

野外でびしょ濡れになろうぜって煽られたりとか、

五大ドームツアーやるとか、

個人的にはananのヌードやってみたりだとか(笑)

 

他にももっと、誰も見たことないようなてっぺんを5人で掴んでほしい、心の底からそう思えたツアーでした。

 

これから先辛いこと悲しいこと、それこそ脱退の危機とか訪れるかもしれない。(ほんとに脱退がトラウマなヲタクwww)そんな時に、今回の5周年のツアーのこと少しでも思い出して、もうちょっと頑張ってみようかなって思ってくれたらいいな。

 

 

赤い薔薇に誓う

その棘が刺さろうとも

歩いてく あなたと この未知を

 

 

 

4385文字に及ぶ駄文にお付き合いありがとうございました(笑)

 

 

 

広告を非表示にする