眩しいほどの恋してる

自担を甘やかすだけのブログ

ジャニヲタ、コンタクトデビューする

 

 

───あれは4年前の春だった。

 

 

大学生になった私は中学生から続けていたジャニヲタだけでなく、新しいことに挑戦したかった。そこで、何を血迷ったかチアリーディング部に入ることにしたのだ。壊滅的な運動音痴なのに!!!!!体育の成績はずーーーっと3なのに!!!!(出席で点数取るヤツ)根性もないのに、努力すればどうにかなるんじゃないかと思っていた。

 

 50m走は10秒台、25m泳ぎきったのは1回しかないカナヅチ、鉄棒やれば落ちる、ドッチボールは顔面で受ける…そんな超スーパーウルトラ運動音痴が、ゴリゴリの運動部に入るのに運動音痴な事以外にもうひとつ障害があった。

 

日常生活をメガネで過ごしていること

 

別にすっごい悪いわけでもないんだけど、矯正しないと遠くの文字とか人の顔はわからないレベルで。中学生の時に初めてかけたんだけど、最初は授業中だけだったのがだんだん掛けたり外したりがめんどくさくて日常的につけるようになった。

 

しかし、やっぱり運動するには邪魔なんだよね。ってことでコンタクトにするために眼科に行ったのだ。

 

どういう流れだったかは全く覚えてないのだけど、コンタクトを付ける練習をするんだよね。

 

 

ここで事件は起きた

 

 

 

 

目が小さくてソフトレンズのコンタクトが入らない問題

 

 

プロの力を持ってしてもうまく入らない。1回も入らなかったのか入りにくかったのかは全く覚えていないが、すごく苦労したのは覚えている。そこで提案されたのがハードレンズだった。ソフトレンズより少し小さいから入りやすいんじゃないかと。確かに入るんだけど、異物感がすごくてこれで生活できる気がしなかった。

 

コンタクトを発注(?)しておくからまた来てください的な感じで次回の予約をしてその日は終わった。そして、入部届けを提出してGW明けから練習しますよ~ってなった。

 

 

しかし、この次回の予約までに大事件が起こる。

 

 

 

 

中島健人に出会ってしまった

 

 

忘れもしない5月5日の横浜アリーナ

その前から気にはなっていたし、ジャニワの感謝祭で好きだな~♡って思ってたけど、Sexy Zone単独コンサートで完全に足を取られた。

 

なにこのきらめき!!!!てか待って、顔面が最強にタイプすぎる。宇宙一この顔が好きだわ。中島健人が自担ですって言いたい。彼の団扇を持ちたい!!!!!!

 

終演後、開口一番

 

 

『私、部活やめるわ』

 

 

健人くんを応援したい→お金が必要→バイトしなきゃ→部活してたらバイトできない→てか試合とか現場とかぶるんじゃね?→やーめた!

 

これが仲間内で鉄板ネタになっている桐島、部活やめるってよ事件である。

 

帰り道速攻先輩にメールして入部届けを取り下げてもらった

 

色々あったが、部活をやめて(というか1回も練習すらしてないんだけど)さあ!大学生になってもゴリゴリのジャニヲタやるぜ!やっぱり私にはこっちが合ってるぜ!と思った時に思い出した、予約したコンタクトレンズの存在。

 

そもそもメガネの楽さが良かったし、ハードレンズゴロゴロするし、めんどくさいし、目に入らなかったし、お金ないし、運動しないことにしたし必要ないんじゃね…

 

 

と、予約すっぽかした( ^_^)/~~~www

それ以来気まずくて地元の眼科には行けてない(笑)

 

特に日常生活にメガネであることに支障はなくて今日までずっとメガネだった。遠征しだしたりして金銭的にも余裕なかったのもあるし、何よりコンタクトは私の目のサイズでは入らないと諦めていた。

 

 

 

────そして今年の春

 

場所は静岡。Kis-My-Ft2のアリーナツアーである。むしろキスマイに会いに静岡まで来てるなんて4年前の私は1ミリも思っていないだろう。

 

このツアーは噂のデジタルチケットで、会場で発券するまで座席がわからなかった。

 

 

運命の発券。おそるおそる確認する…

アリーナ!!!!!!思わず叫んだ

ドキドキしながら座席に向かう…

花道横!!!!!!!!死んだ。

 

このためにクソみたいな日常を生きてきたんだって思うくらい近かった。ありがとう神様。きたやまくんをこの距離で拝めること、きたやまくんと出会えたこと、全ての森羅万象に感謝。

 

でも、一生懸命団扇を見せるけど、○○して!ってありきたりなカンペを見せるけど、なんなら目は合っているのに(お花畑)!?!?きたやまくんがそのカンペに応えてくれることはなかった。

 

盛大に干されたのである。

 

 

いや、照明とかの加減でカンペ見えてないのかなo(^o^)oって思ったけど、普通に二階堂と宮田と七五三掛はぱぱぱっとやってくれた。見えてるやんけえ!!!!全然見える距離やんけえ!!!!!!3人ありがとうな!!!!!!

 

嗚呼、きたやまくんはファンサ振りまくタイプじゃないのかな…いやでも通路挟んで向かいの人にはしてたし…ああもうドSなんだからきたやまくん…焦らしプレイ嫌いじゃないよ♡♡

 

 

と言い聞かせてたけど、同じ日の2部でも同じようにアリーナで結構いい所で、きたやまくん~!!!って呼ぶけど反応はなくて。

 

 ドSの一言で片付けられないくらい落ち込んだ。

 

いやもうそもそもファンサが欲しくてきたやまくんを好きになったわけじゃないんだけど!!!!期待するからいけないんじゃんって思うんだけど!!!!今回の論点はそこではないのでひとまず置いておく。

 

 

終演後考えた。

 

こんなに盛大に干されたのは私が地味なブスだからではないか…?ただでさえ顔が地味なのに、メガネという真面目アイテムでさらに地味さを際立たせている気がする!!!!!!そらこんな地味な女が団扇ブンブンしてきたやまくんー!!!って呼んでても何も刺さらないわ…

 

 

そうだ、コンタクトにしよう。

 

 

そこから1ヶ月。人生初のボーナスを握りしめて眼科に向かった。

 

 

 4年ぶりの眼科。すっごいドキドキしながら順番を待つ。呼ばれる。ガチャガチャ視力とか色々測って、さあ付け外しの練習しましようか!いよいよだな…!!!!!

 

 

まーーーーーーびっくりするくらい入らねえ!!!!!!!!

 

ハードは4年前に受け付けなかったし、お手入れめんどくさいからソフトレンズでお願いして。自力で入れるのに1週間とかかかる人もいるらしいから珍しい事でもないらしいんだけど。ほんとに自分目ちっちゃいんだなってダメージ100

 

水谷豊に似ているおじいちゃん看護師さん(?)に入れてもらうのを試みたり、いける!私ならできる!と鼓舞しまくって1時間半、よーーーーーーやく両目にレンズが!!!!!

 

なにこれ世界違うじゃん

 

メガネかけてないのにメガネをかけているような視界良好さ。私視力あがったっぽいすばら!!!!!ありがとうコンタクト!!!!

 

看護師さん『じゃ、外しましょうか』

 

1時間半かけて死ぬほど頑張って入れたものを出さなきゃいけない切なさ。おまけに全然外れないの。外すのは秒だと思ったのですが…結局疲れちゃって看護師さんに外してもらいました(笑)

 

その日には処方箋もらえなくてまた練習に来てくださいと。別に引っ張る程の内容でもないんだけど2日目に続くのである(笑)

 

 

 

2日目後。ダッシュで退勤決めて眼科に駆け込む。さあ練習しましょうか!この前の優しいおじいちゃんいるかな!!?!?いねえ!!!!!若い姉ちゃんだ!!!!!

 

悪戦苦闘すること30分…

 

看護師さん『1日に何度もトライするの目に良くないのであと15分で終わりましょうか』

 

 

前回1時間半かかっているのである。あと15分でなんて無理に決まってる!!!!!!

 

 

私『7月までにつけたいんです』

看護師『なんかあるんですか?』

私『(毎週末現場あるなんて言えない)』

看護師『そしたらちょっと練習してていいので』

 

 

つってその場を去る看護師さん。他の仕事しに行っちゃったよ困った

 

 

5分後。すっ……

 

 

入ったー!!!!!!もう片方…

 

…入ったー!!!!!!

 

しかし看護師さん見てない。頼むぜマジで。

 

 

 

急いで看護師さん呼んでなんとか入れて外して処方箋出していただけました

 

 

 

遂に!!!!!

コンタクトデビュー!!!!

 

 

かれこれ10年メガネっ子してたのでまあ快適過ぎる。なんだこの世界素晴らしいな。

 

時間のない朝にサッと装着できるのか若干、、いやかなり不安だけど(笑)しばらくは早起きですかね(笑)

 

おまけにメガネというフィルターがなくなったおかげで、このブスな顔面を直に晒すのか…とまた新たな悩みが出来たのである(死ぬほど自尊心が低い)

死ぬほど自分の顔は嫌いだし生まれ変わったら絶対石原さとみって思ってるけど、大好きな人の視界に入りたい、その気持ちだけで1歩踏み出した自分はたくさん褒めてあげたい。今までの自分じゃ考えられなかったから。

 

しかし何はともあれ、 神様!女神様!チャンスをください!!!横アリ公演でも、コンタクトにしたお陰で無事に構ってもらえました♡って報告できるような団扇が視界に入るであろう席をください!(どさくさ)お願いプリーズ!!!!!

 

 

 10年間メガネっ子だったのがきたやまくんに干されてコンタクトにした話でした。ちゃんちゃん